【2019年】森林火災が甚大な被害に【オーストラリア】

オーストラリアでは、2019年9月から各地で大規模な森林火災(山火事)が起こり、深刻な被害がもたらされました。

ひどい状況が続きましたが、2020年2月13日頃、オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州では、半年ぶりに「森林火災が制御可能な範囲に留まった」事を宣言することができました。

山火事の中を進む消防隊の様子

2020年1月7日までの被害状況

  • 消失面積:500万ヘクタール(九州+四国に相当する面積)
  • 死者:少なくとも24人
  • 家屋の消失:少なくとも1200軒以上
  • 動物への被害:8000頭のコアラを含む5億匹近くの動物が犠牲となった見込み

(資料:AP通信他)

火災により首都キャンベラでは大気汚染が悪化し、世界で最悪の水準に達しています。

被害や詳細のビジュアルデータ

Googleが提供するGoogle Crisis Mapでは、火災の起こっている地域をリアルタイムで見ることができます。

また、この森林火災の詳細について、視覚的に把握できるデータや写真がBBCで紹介されています。以下の図はその一例です。

Australia fires: A visual guide to the bushfire crisis

火の手が広がる速さについて人と比較

何故山火事が起こるのか?

燃えやすい条件が整っている

オーストラリアの夏は気温が高く、乾燥した気候から、干ばつがよく起こります。

また、オーストラリアの植生はユーカリ、ティーツリーなど「油」が取れることで有名な樹木が豊富です。葉に油分が含まれているのです。

気温が高く、雨が降らず、可燃物(樹木)と発火材(油)がある。

つまり、一旦火が起こってしまうと「燃えやすい環境」が整っているのです。

木にくっついている剥がれた樹皮に火が付くと、風に乗って30 km先まで火種として運ばれてしまいます。こうした小さな火種を制御するのは不可能です。

最初の火種は何なのか?

一部地域では山火事は通年で起こりますが、出火原因の多くは

  • 落雷
  • 太陽光の収斂(ガラスの破片に光が集まって枯葉が着火する)
  • 摩擦(摩擦熱、静電気)
  • 放火(故意ではない)

などによる自然現象(=自然発火)とされています。

注意
火事の原因としての「自然発火」について、いくつかの日本語のWebページに「太陽光で熱せられたユーカリの葉っぱが発火する」と表現されていました。しかし、元データが不明なため、これに関しては本当か定かではありません。

火源がなくとも勝手に発火する最低温度発火点と言います。木材発火点250~260度ですし、ユーカリに含まれるテルペン(油成分)発火点200度を超えます。

つまり「ユーカリが熱せられて火を放ち火種になる」というよりは「火がついたときに燃え広がりやすい状態をつくってしまう」と考える方が自然です。テルペンの引火点は非常に低く35度引火します。

私がBBCの記事やWikipedia含むその他の資料を調べた感じでは、少なくとも「ユーカリが勝手に発火する」ことを支持する資料は見つかりませんでしたが、もし「ユーカリ自然発火」の証拠があったらぜひ教えてください。

(参考資料)

Australia fires: Have gum trees made the bushfires worse?

Bushfires in Australia 【日本語:オーストラリアの森林火災

そして、残念ながら、放火や人為的な理由(タバコなどのポイ捨て、マッチを落とすも含む)が火事の原因になることも多く、火事原因の75%が放火であるという報道もあります。

Australia fires: Is arson to blame?

また、Government of New South Walesの報告によると、2019年〜2020年にかけて放火や、不注意あるいは危険な行為を行った者180人に対し、警察が法的な対応をとったとのことです。

そんなに多くの人が対象になるとは、驚くべきことです。

今年は何故、ことさら酷い山火事となったのか?

2017年はオーストラリアの多くの地域で、平年より乾燥が酷く、翌年2018年はオーストラリア南西部の殆どで年間の雨量が10%以下という歴史的記録を出していました。大干ばつが起こっていたのです。

これに2019年の記録的な高温と少雨が重なり、各地で大規模な火事が発生したようです。

以下の図は、オーストラリア各地域の年間平均気温の推移を表しています。

近年、気温が非常に高くなっていることが伺えます。

オーストラリア各地域の年間平均気温の推移

オーストラリア政府資料より)

支援の動き

スコット・モリソン豪首相は、今回の火災で家や職を失った人を援助する復興局の設置を発表し、支援学として少なくとも20億(豪)ドルを計上しています。

また、アスリートやアーティストなど、有名人が募金や支援を呼びかけるなどして、多くの募金が集まったことも記憶に新しいです。支援の現状、必要なものについてBBCが記事を公開しています。

オーストラリア森林火災、世界はどんな援助を? 何が必要?いらない援助とは?(2020年1月8日BBC)

鎮火後の洪水

2020年2月6日、恵みの雨がようやく降り始めました。

この雨のおかげで各地の森林火災が次々に鎮火していきました。

しかし、2月6日から9日までの4日間の降水量は、1990年以来最大の391.6ミリに達しました。

ニューサウスウェールズ州では、洪水の発生に伴い、一部地域の住民が避難を余儀なくされたり、50校以上の学校が休校になるなどしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です