【日本在住】ファーストレード 口座開設に必要な準備【米国株式投資】

Firstradeと一緒にあると便利な『Union Bank』『Wise』

日本からでも口座開設ができる米国の証券会社ファーストレード(firstrade)は米国株を手数料無料で取引できるオンライン証券会社です。

日本円をドルに変えたり、Firstradeに入金するためにはどうしたらいいの?日本の銀行口座から直接送れるれるの?

日本の銀行から直接Firstradeに送金するデメリット

  • 手続きが煩雑
  • 手数料が高い

最近、多くの銀行が海外送金を制限・または廃止する傾向にあります。

また、できたとしても、以前よりもさらに証明書類が必要になることもあるようで、手続きの煩雑さにはぐったりしてしまいます。

このように規制が厳しくなる理由は、海外送金が「資金洗浄(犯罪で得た資金の「出所」を分からなくする)」の手段の一つとして利用されてしまうからです。

悪事を企てていない一般人からしてみれば迷惑な話ですが…。

米国の銀行を持つメリット

  • 確実に入出金できる米国銀行口座があった方が長期運用には安心
  • 米国内送金は手数料がかからない(後述)

加えて「送金」そのものに関しては、銀行ルートよりも安く海外送金ができる「Wise」を使う方が断然お得です。(最近、TransferWiseからWiseという名前に変わりました)。

ちなみに「TransferWise」に加え、現在は「Revolte」という送金システムも併用するとお得な模様です。

このページでは、Firstradeでの取引を始めるのに必須の以下の二項目を紹介します。

  • 米国の銀行口座(Union Bank:ユニオンバンク)
  • 海外送金システム(TransferWise:トランスファーワイズ)

ちなみに、米国の銀行を持つことのデメリットは

  • 口座開設までの手続きが面倒・時間がかかる
  • 英語での確認が必要な時もある
  • 利息に対する税金の申告を日本でする必要がある

Firstradeへの入金プロセス

TransferWiseで日本円をドルに換えUnion Bankに送金する

日本円からFirstradeに入金するまでの流れ
赤で括った部分のノウハウを紹介します

ファーストレードで株等を購入するためには始めるためには

「日本円をドルに変え(海外送金)」
「Firstradeに入金する」

する必要があります。

一旦、アメリカ国内の銀行口座を開設することさえできれば、その銀行から証券会社への入金時には、ACH(Automated Clearing House)という無料の送金システムを使用できます。

「日本円を米国の銀行口座にいかに手数料をかけずに移すか」が重要なわけです。

税金は「居住国」に収めることが基本になるため、基本的に「居住国」でない銀行や証券会社の口座を開くのは難しいのが現状です。

「銀行口座の利息」も課税の対象になるからです。

Union Bankは日本在住でも口座が開ける「例外」なのです。

(Checking Accountは利息がかからないので心配無用です。)

日本語対応OKの神銀行『Union Bank』

アメリカの銀行となると「全部英語?」と不安になりますが、素晴らしいことに、以下のサービスが日本語で受けられます。

  • 申し込み
  • 電話対応(アフターケア)

三菱UFJ銀行が申し込みの勧誘や取り付けを行なっているため、HPに情報があります。口座開設のインストラクションも以下をご覧ください。

海外口座ご紹介サービス《カリフォルニアアカウント・プログラム》

日本語のサポートがあるにはありますが、それでも、英語版の資料を参照する必要に迫れることがあるので、ある程度の覚悟は必要です。

二週類のアカウントタイプ

アメリカでの銀行の預金口座は大きく分けて「二種類」あります。

  • 利息の高い貯蓄用の「Savings Account」
  • 利息がつかない(場合が多い)普段使い用の「Checking Account」

Savings Accountが日本でいうところの一般的な「普通預金口座」で、Checking Accountが「当座預金口座」に該当します。

アカウントタイプによって口座維持手数料が異なり、一般的には「ある一定以上お金を入れていてくれれば口座維持手数料は無料」ということが多いようです。

Uinon Bankでも、アカウントタイプごとに「平均月次残高」(Average Monthly Ledger Balance)の金額が異なります。

  • Regular Savings(セービングアカウント)… $300
  • Essentials Checking(チェッキングアカウント)… $1,500

Union BankではSavingsアカウントより、Checkingアカウントの方が講座維持手数料が高いです。

ただし、他銀行への送金回数の条件が異なります。

  • Regular Savings … 入出金や振替の月当たりの制限なし
  • Essentials Checking … 月6回まで無料、それ以上は一回につき$15

詳しくは以下の本家資料もご覧ください。

日本語版資料もありますが、入出金や振替の項目に書かれていることが若干異なるようです。異なる場合は「英語版資料が正しい資料」になると免責項目に書かれています。

Regular Savings
Union Bank Essentials Checking

<日本語版資料>

レギュラー・セービングス
ユニオンバンク・エッセンシャルズ・チェッキング

なお、ユニオンバンクには上記「カリフォルニアアカウント・プログラム」の他に米国駐在員向け専用口座の「パシフィックリム・カンパニーベネフィット・プログラム」と言うのがあります。

サービス等が異なりますので、混同されないようご注意ください。

安価な送金システム『Wise』

銀行の海外送金は以下のような手数料がかかるため、一般的に非常に「お高い」です。

  • 海外送金の手数料(出金元、出金先の銀行両方で課金)
  • 仲介銀行の手数料
  • 為替手数料

TransferWiseは「銀行よりも8倍安い手数料」をうたった「送金システム」です。

しくみとしては「実際にお金を送る」のではなく「換金したい通貨を持つ人たちをマッチング」することでコストを抑えてえいます。

TransferWiseがいかに「早い・やすい・手軽」に海外送金できるかは公式の動画(字幕ON)をご覧ください。

公式HPには、TransferWiseの口座の解説方法が非常にわかりやすい解説されています。

TransferWiseの使い方:ステップバイステップガイド

海外送金の仕組みについてもこちらで解説されています。

2 COMMENTS

じん

Firstradeを使うためにユニオンバンクの口座を開くことを検討中です。
色々な説明サイトを見ていると、「セービングアカウントとチェッキングアカウントを両方作成しましょう」と書いてあるところが多いのですが、Firstradeへ送金するだけでしたら、セービングアカウントだけで問題ないでしょうか?
海外には当分行く予定は無く、月に6回も出金することもまずないですし、使わないチェッキングアカウントに$1500も置いておくのもな〜と思うので、問題無いならセービングアカウントだけにしたいと考えています。教えて頂けたら嬉しいです。

※余談ですが、チェッキングアカウントとセービングアカウントの平均月次残高や送金可能回数が逆になっているかと思います。

返信する
admin

じんさん

コメント、またブログの記載ミスへのご指摘、誠にありがとうございます。
早速修正することができました。

ご期待に添える回答ができずに申し訳ないのですが、自分はユニオンバンクの口座開設時にセービングアカウントとチェッキングアカウントを両方作成しました。
そのため、セービングアカウントだけの開設が可能か(不可能であるハズもないと思うのですが)を含め、細かい手順、使い勝手についてはよくわかない状況です。
ただ、じんさんのおっしゃる通り、使わないチェッキングアカウントに$1500は本当にもったいないですので、日本在住であれば、自分もじんさんと同じ判断になると思います。
ちなみに、様々な事情でユニオンバンクで開設したチェッキングアカウントは現在、閉じてしまいまして、現在、セービングアカウントのみを残していますが、特に困ったことは発生していません。

参考になりそうな回答ができず、恐縮です。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です